メーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違いに関して。

家を建てるのは楽なことではないです。
何がって、高い買い物で、何かあったら返品とはいかないからです。

ハウスメーカーは値段が高く、工務店は安いってよく言いますよね。
これ実はそうでもないんです。

あくまで私の調べた地域での話ですが、
まず一に、ハウスメーカーは基本的に良いものを使っています。
(工務店が悪いものを使っているわけではないので語弊がありますが・・・)
標準装備と言われるもののほとんどはグレードが高く、性能の高いものになります。
キッチン、トイレ、洗面、お風呂、ドア、断熱材、外壁材、基礎仕様、屋根材などなど。

それに対して工務店は、必要最低限からスタートします。
上記した各装備が、全部下位グレードのものです。

ですので、値段が安くて当たり前ですよね。

ただし、言えば変えてくれます。
仕様の小回りが利くところが工務店の良いところですね。
大手のハウスメーカーはあまり融通が利かないので、結局のところどっちにもメリットデメリットがあります。