家に庭を作るときの注意点

庭に芝生があると緑があるし、心が癒される。そう考える人もいると思います。

けれど芝生を作れば一生手入れをしなければいけません。芝生は放置したままでは枯れてしまいますし、枯れたところが穴があいてハゲのように見えてしまいます。また、芝生は上に長く伸びますので、見た目をきれいにするためには長さを揃えなければいけません。

また、芝生を作らなくても土があれば雑草が生えてきます。除草剤を使えばいいのでしょうが、隣の家の人が家庭菜園をしている場合は、隣の家のものまで枯れてしまう可能性があるので除草剤を使いづらいですし、子供がいればその影響を考えてしまいます。

コンクリートで埋めてしまえば雑草は生えてきませんが、それでは夏に熱がこもって熱くなりますし、そうなれば子供が外で遊ぶときに火傷をしてしまう可能性があります。また、将来畑を作りたくてもコンクリートでは作ることことができません。

どのようなものを作るにしても、それぞれのメリットとデメリットを考えて作ることが大切です。

One thought on “家に庭を作るときの注意点”

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントは受け付けていません。