一戸建て注文住宅を作るときの心得

我が家を建てる際、水回りの設定、電気の配線、それに伴いスイッチの位置など、日々の動線とあっていない事もありもう少し打ち合わせをすればよかったなと思います。

間取りや、壁などのデザイン、建具など目につく所の部分ばかり調べていて、肝心な生活する時の動きを深く考えていなかったな。と反省しています。

また収納スペースは多くあって困る事がないのでスペースは多く取るべきだなと思いました。

1番は担当者との打ち合わせが全てだと思います。図面に書き起こしてもらってから、細かく動線にあっているのか、収納スペースの幅や高さなどどうなのかなど。くまなくチェックする必要がありました。

図面で書き起こした寸法など、大まかな部分しかチェックしていなかったので、完成したらイメージと違っていたり電機などのスイッチなどの使いにくさなどが出てしまっています。

何回も担当と打ち合わせをしていく中で、細かい部分までの打ち合わせはかなり重要だなと思いました。

まずはイメージを固める事、予算の事。ここが始めしっかりないと打ち合わせがしにくいので、集められるイメージは打ち合わせまでにしっかりと集めておくことをオススメします。

また、細かい図面のチェックなどめんどくさくても、寸法や配線の位置などはくまなくチェックしておくと、実際生活する時に動線があっていて生活しやすくなると思います。