新築一戸建てメンテナンス考慮した注文住宅に。

夢の新築一戸建て。リビングを吹き抜けにしたので、エアコンをはめ込み式の店舗用にしました。その方が新築でのエアコン自体は効き目がよかったのと、埋め込んでいるのでカッコよかったし、デザイン的にインテリア的に邪魔にならないのでそうしましたが、新築を建ててから年数がたち、いざ、壊れるととにかく価格が高いのでなかなか大変です。子どもたちの進学にお金がかかるので、故障や買い換えに悩んでしまいます。

新築を設計したときインテリアやデザイン重視していたので、一般家庭用の手軽なエアコンにすれば良かったなと思います。新築の予算の中にエアコン代金を入れ込んでいたので、まとめて全室もつけたのでその時は家全体の予算を大きく出していたので、単体での金額もあまり感じることはなかったので、リビングとダイニングは埋め込み式の業務用、店舗用の贅沢な方をとってしまいましたが、いざ、次々と故障したりし始めると単体の単価が高くて今頃ビックリしています。家電なので、壊れたり買い換えすることも考えて将来の修理費用まで考えていれば回避できたことだと思います。

新築を(家を)建てるのは一生ものなのですが、必ずメンテナンスは必要となるので、メンテナンス費用まで人生設計に入れて収入と共に考えましょう。