意外とお金がかかる付属工事について

注文住宅を建てる際には、間取りや坪単価などで、大体の予算が決定されることになりますが、そのほかにも、意外とお金がかかってくる付属工事があります。まずは、注文住宅を建てる際に必要となってくるのが、外構工事です。外構はどの家もある程度工事をしなければならず、塀や門を作るだけでも数百万という金額になることになります。このため、付属工事にこれだけの金額がかかることを考えておく必要があります。

また、庭がある家の場合には、洗濯物を干す際の屋根だったり、カーポートなどにもお金がかかってくるので注意をしましょう。これらも規模が大きければそれだけ金額がかかってしまいます。

また、そのほかにも、付属工事として、太陽光発電のシステムなどがあります。最近の注文住宅ではこれをおすすめされるケースが多いです。必ずしも取り入れなければいけないものではありませんが、エコ住宅など減税を考えるのであれば、システムを入れることが必要となり、投資が必要になります。